アヴェニューセルクリニックでは最先端の再生医療、足のむくみの日帰り治療を受けることができます

医師ブログ

TOP  >  医師ブログ  >   再生医療   >  今話題の肌の再生医療とは

再生医療

2022/11/15
今話題の肌の再生医療とは

こんにちは。アヴェニューセルクリニック院長の井上啓太です。

この度、YouTubeチャンネルを開設しましたので、ブログでもご紹介していきたいと思います。

画像1.pngのサムネイル画像

 

今話題になっている肌の再生医療とはTOPs細胞とはその若返り効果とは

私自身の体験を踏まえまして、週単位・月単位の短期的な若返り効果、5年以上経過した長期的な若返り効果をシリーズで紹介していきます。

今回は、再生医療の概略について解説していきます。

 

再生医療とは

近年、再生医療という言葉を聞く事が多いと思います。

再生医療といっても神経心臓関節皮膚など、非常にたくさんのものが現在では実用化されています。

例えば神経の再生医療では、断裂した神経が回復する事は絶対にないと言われていましたが、

再生医療によって神経が再び回復する事が可能になっています。

また今までは移植以外方法がなかった心臓も、再生医療を用いる事で移植をしなくても心臓が回復する事ができます。

この様な例があり、今までは医学でも不可能とされていた事が可能になってきました。

 

肌の構造

肌の構造は、表皮(ひょうひ)真皮(しんぴ)という二層でできています。

表皮の図.png

 

その下が皮下脂肪になっています。

皮下脂肪の図.png

 

このうち肌の再生医療は、表皮を狙ったもの真皮を狙ったアプローチがあります。 

昔から行われていた再生医療の方法は、表皮の細胞を取って培養をして、

薄いシート状にして皮膚に貼り付けるという方法でした。

それは表皮細胞シートと呼ばれていて、美容目的ではなく主に重症の火傷に使用されています。

若返りというよりは救命のための治療です。

 

自家培養表皮.jpg

 

肌の再生医療

肌のシミ・シワに対しての再生医療は、表皮ではなくその奥の真皮に対してアプローチをしていきます。

約70%を占める真皮の主成分は、よく耳にするコラーゲンです。

真皮の再生医療は、コラーゲンを増やす事を目的としています。

コラーゲンの役割は、肌を支えている柱の様な役割ですので、少なくなってくると肌がタルんできてシワの原因になります。

コラーゲンは、線維芽細胞(せんいがさいぼう)という細胞から作り出されます。

線維芽細胞はコラーゲンの他にも、肌の潤いの元になるヒアルロン酸や肌の弾力を出すエラスチンなども作り出します。

その線維芽細胞を培養して肌に注射したり、線維芽細胞を刺激するグロースファクター(成長因子)を打ったり、

グロースファクターが豊富に含む血小板から作られるPRPを注射します。

 

間葉系幹細胞

線維芽細胞を増やしたり、刺激したりする方法の他に間葉系幹細胞(かんようけいかんさいぼう)を真皮に入れるという方法もあります。

間葉系幹細胞の代表的なものとして脂肪幹細胞(しぼうかんさいぼう)があります。

ご自身の脂肪組織から採取した幹細胞を培養して、肌に注射をするという方法です。

当院では、脂肪幹細胞としてTOPs細胞というブランドの細胞を使っています。

TOPs細胞.png

 

TOPs細胞とは、当院と東京大学整形外科との共同研究によって培われた技術を用いて培養された脂肪由来幹細胞です。

 

 

今回のまとめ

ダイレクトに真皮のコラーゲンを増やすには、脂肪由来幹細胞(TOPs細胞)の注射が有効です。

まだ再生医療の肌治療は馴染みのない方が多いですが、肌の若返りが期待できます。

 

こちらの内容は動画でもご覧いただけます。

 

再生医療の最新記事

2022/12/02
肌再生治療なぜいま脂肪幹細胞なのか
2022/11/15
今話題の肌の再生医療とは
2022/10/19
【Dr.もといの再生医療最前線!】13.皮膚の老化
2022/09/02
【Dr.もといの再生医療最前線!】12.In-situ 3Dバイオプリント
2022/08/31
【Dr.もといの再生医療最前線!】11.細胞へのウイルス感染経路を見る
2022/08/24
【Dr.もといの再生医療最前線!】10.再生医療の歴史
2022/07/13
【Dr.もといの再生医療最前線!】9.拒絶反応のリスクが少ないiPS細胞
2022/06/21
【Dr.もといの再生医療最前線!】8.細胞外小胞
2022/05/25
【Dr.もといの再生医療最前線!】7.再生医療法見直し
2022/05/18
【Dr.もといの再生医療最前線!】6.Multi-organ crosstalk model
2022/05/16
【Dr.もといの再生医療最前線!】5.再生医療学会
2022/04/14
【Dr.もといの再生医療最前線!】4.やけどと再生医療
2022/03/30
【Dr.もといの再生医療最前線!】3.コロナに対する脂肪幹細胞
2022/03/23
【Dr.もといの再生医療最前線!】2.脂肪幹細胞とPEG
2022/03/16
【Dr.もといの再生医療最前線!】1.リンパ浮腫の再生医療
2022/02/23
【Drもとい連載コラム】26. リンパ浮腫の動物モデル
2020/07/20
重症コロナ肺炎に脂肪幹細胞が有効
2020/04/28
コロナ肺炎に幹細胞 北米・日本でも
2020/04/20
ヒト骨髄由来MAPC製剤、コロナ治験に
2020/04/16
コロナARDS治療、幹細胞に注目
PAGETOP