アヴェニューセルクリニックでは最先端の再生医療、足のむくみの日帰り治療を受けることができます

医師ブログ

TOP  >  医師ブログ  >   再生医療   >  重症コロナ肺炎に脂肪幹細胞が有効

再生医療

2020/07/20
重症コロナ肺炎に脂肪幹細胞が有効

人工呼吸器を要するコロナ肺炎に脂肪由来幹細胞を点滴し、有効性を認めたという報告がされました。

 

以下、要約です。

 

「機械的換気を必要とする重症SARS-CoV-2肺炎患者に対する脂肪由来間葉系幹細胞の治療法:概念実証試験

背景

機械的人工呼吸を必要とするCOVID-19の重症例における有効な治療法の開発が求められている。我々の目的は、脂肪組織由来間葉系幹細胞(AT-MSC)の投与がこれらの患者に安全であり、有用である可能性があるかどうかを判断することであった。

方法

侵襲的機械換気下にある13人のCOVID-19成人患者で、以前に抗ウイルス剤および/または抗炎症剤(ステロイド剤、ロピナビル/リトナビル、ヒドロキシクロロキンおよび/またはトシリズマブなどを含む)による治療を受けたことのある患者を、同種AT-MSCで治療した。10人の患者に2回投与し、2回目の投与は1回目の投与から中央値で3日後(IQR-1日)に投与した。2人の患者は1回の投与を受け、もう1人の患者は3回の投与を受けた。1回の投与あたりの細胞数の中央値は0.98×106(IQR 0.50×106)AT-MSC/体重kgであった。細胞注入に関連する潜在的な副作用と臨床転帰を評価した。解析されたその他のパラメータには、イメージング、分析、炎症性パラメータの変化が含まれている。

調査結果

AT-MSCの初回投与は、機械的人工呼吸後、中央値7日(IQR 12日)で行われた。細胞治療に関連した有害事象はなかった。初回投与後の経過観察期間の中央値は16日(IQR 9日)で、9人の患者(70%)に臨床的改善が認められた。7人の患者は抜管してICUから退院したが、4人の患者は挿管したままであった(2人は人工呼吸と放射線学的パラメータに改善が見られ、2人は安定した状態であった)。2名の患者が死亡した(1名はMSC治療とは無関係の大量の消化管出血によるもの)。AT-MSCによる治療は、炎症性パラメータの低下(C反応性蛋白質、IL-6、フェリチン、LDH、d-ダイマーの低下)とリンパ球の増加、特に臨床的に改善した患者でのリンパ球の増加をもたらした。

解釈

小規模な症例シリーズにおいて、機械換気下での重症COVID-19肺炎13例を対象にAT-MSCを静脈内投与したところ、有意な有害事象は誘発されず、その後ほとんどの被験者で臨床的・生物学的改善がみられた。」

 

上記はLancet系オープンジャーナルの報告です。

https://www.thelancet.com/journals/eclinm/article/PIIS2589-5370(20)30198-X/fulltext

PAGETOP