アヴェニューセルクリニックでは最先端の再生医療、足のむくみの日帰り治療を受けることができます

医師ブログ

TOP  >  医師ブログ  >   リンパ浮腫   >  【Drもとい連載コラム】3.「きずあとを きれいになおそう 茶テープつけて」

リンパ浮腫

2020/02/27
【Drもとい連載コラム】3.「きずあとを きれいになおそう 茶テープつけて」

久しぶりのブログ更新です。今回は形成外科一般で使用される、茶テープと呼ばれる茶色の傷痕テープについて紹介したいと思います。

 

できるだけ目立たないキズにする、、ためのコツっていくつもあるんですが、その中でも本人が頑張ってどうにかできる部分、についての説明です。

手術などで縫った後の傷は1週間くらいで縫い合わせた部分がくっつき、その後1年(〜数年)かけて完成していきます。その途中で傷口に力がかかると、傷をなおそうとする細胞(線維芽細胞)が多くなり、盛り上がった傷や幅が広いキズになってしまいます。体質や傷ができた部位によっては肥厚性瘢痕(盛り上がった傷)やケロイド(傷を超えてどんどん大きくなる傷痕)になります。

そこで、傷が安定するまでの期間、外力からの保護や創部にかかる力を分散する目的で、テープを貼るのが良いとされています。当院をはじめ、形成外科では一般的に茶テープ貼付と呼んでいます。

 

テープの貼り方や期間については、諸説あるのですが、注意点として

  1. キズを覆うように少し広めにテープを貼る
  2. 毎日ではなく、1週間に1−2回の交換
  3. かぶれたら中止する

ということが大切です。1.は外力を分散するために傷より小さければ十分に効果が出せない、ことが理由です。またテープは毎日きれいに交換して、、と思いたいところなのですが、これが一つよくある落とし穴。

テープにはノリがついているため、テープを交換するたびに表皮が引っ付いて剥がれてしまいます。ですので、毎日など頻回の交換は返って逆効果、なわけです。

また、かぶれにも要注意。軽い症状ならば、塗り薬をテープの上から塗ることでよくなることもありますが、やはり原因となっているテープを外すことがよくなるには最も早く確実です。かぶれによって痒みが出るために、自分で傷痕に刺激を加えてしまう、というのもよくない理由です。

 

茶テープにはいくつか種類がありますが、一般的なものですと一巻き数百円程度とお手頃価格です。キズを良くするために、正しいテープ活、頑張りましょう!

(加藤基)

 

リンパ浮腫の最新記事

2020/07/09
吉松医師の解説動画公開「リンパ浮腫について」
2020/07/07
【Drもとい連載コラム】13. リンパ管の発生
2020/06/15
辛川領医師の論文が発表されました
2020/05/14
吉松医師がBUNCKE CLINICで客員教授として講演しました
2020/05/13
【Drもとい連載コラム】12. 脳のリンパ管
2020/05/07
LVA手術時の体位 吉松医師の教科書が発売されます
2020/04/29
吉松医師の論文が発表されました
2020/04/24
【Drもとい連載コラム】11. ウィリアム・ウィリス
2020/04/18
リンパ浮腫の皮膚症状、コロナとの違いは?
2020/04/17
リンパ浮腫と発熱
2020/04/15
【Drもとい連載コラム】10. ナイチンゲールとジョゼフ・リスター
2020/03/31
【Drもとい連載コラム】9. 低温滅菌
2020/03/30
【Drもとい連載コラム】8. 生き物とウイルス
2020/03/29
【Drもとい連載コラム】7.みりん
2020/03/25
【Drもとい連載コラム】6. 外科医の手袋〜愛の物語〜
2020/03/18
【Drもとい連載コラム】5. 外科医の手洗い
2020/03/11
【Drもとい連載コラム】4. PCR検査について
2020/02/27
【Drもとい連載コラム】3.「きずあとを きれいになおそう 茶テープつけて」
2020/01/25
アメリカマイクロサージャリー学会で発表しました
2019/10/31
リンパ浮腫の外科治療(リンパ管細静脈吻合術)
PAGETOP