アヴェニューセルクリニックでは最先端の再生医療、足のむくみの日帰り治療を受けることができます

医師ブログ

TOP  >  医師ブログ  >   リンパ浮腫   >  乳がん術後のリンパ浮腫発症の危険因子

リンパ浮腫

2016/07/15
乳がん術後のリンパ浮腫発症の危険因子

どのような乳がん患者さんがリンパ浮腫を発症しやすいのか、オーストラリアのグループの研究結果がBreastという学術雑誌に発表されました。「前向き試験」という、比較的信頼性の高い研究です。

研究グループは乳がんの手術前、術後4週間以内、術後6,12,18ヶ月の時点でのリンパ浮腫の有無を調べました。対象患者の241人はリンパ節切除5個未満、209人は5個以上でした。

おもな結果は次のようなものでした。

・リンパ浮腫を発症した患者の割合は、リンパ節切除5個未満切除の群で3.3%、5個以上切除の群で18.2%でした。

・リンパ浮腫を発症する危険因子は、リンパ節切除5個以上の群のなかでみると、術後12ヶ月の時点での上肢腫脹(オッズ比*13.5)、術後6ヶ月の時点での上肢腫脹(オッズ比*5.6)、腋窩への放射線照射(オッズ比*2.6)でした。(*オッズ比:起こりやすさの比。1より大きいと、それだけ起こりやすいと言えます。)

・術後6ヶ月、12ヶ月の時点での上肢腫脹はタキサン系の化学療法、肥満、術後4週間以内での上肢腫脹との関連が見られました。

・術後1年以内の上肢腫脹は18ヶ月の時点でのリンパ浮腫の強い危険因子でした。

この結果からわかりますように、ある程度リンパ節を切除した乳がん患者さんは、術後1年以内(とくに1年後の時点)でむくみがあると、リンパ浮腫になる可能性が高いようです。術後に一時的にうでがむくむことはよくあると思いますが、術後半年から1年経ってまだむくんでいる方は注意が必要と考えられます。


(参考文献)
Kilbreath Sl et al. Risk factors for lymphoedema in women with breast cancer: A large prospective cohort. Breast. 2016

http://www.thebreastonline.com/article/S0960-9776(16)30041-8/abstract

 

☆ リンパ浮腫とわかったら、早めの治療が重要です。とくにリンパ管静脈吻合術は早期の方が有効です。当院は、待たなくても手術が受けられるように、日帰りのリンパ管静脈吻合術(LVA)に力をいれています。詳しくは手術のページをご覧下さい。

リンパ浮腫の最新記事

2020/07/09
吉松医師の解説動画公開「リンパ浮腫について」
2020/07/07
【Drもとい連載コラム】13. リンパ管の発生
2020/06/15
辛川領医師の論文が発表されました
2020/05/14
吉松医師がBUNCKE CLINICで客員教授として講演しました
2020/05/13
【Drもとい連載コラム】12. 脳のリンパ管
2020/05/07
LVA手術時の体位 吉松医師の教科書が発売されます
2020/04/29
吉松医師の論文が発表されました
2020/04/24
【Drもとい連載コラム】11. ウィリアム・ウィリス
2020/04/18
リンパ浮腫の皮膚症状、コロナとの違いは?
2020/04/17
リンパ浮腫と発熱
2020/04/15
【Drもとい連載コラム】10. ナイチンゲールとジョゼフ・リスター
2020/03/31
【Drもとい連載コラム】9. 低温滅菌
2020/03/30
【Drもとい連載コラム】8. 生き物とウイルス
2020/03/29
【Drもとい連載コラム】7.みりん
2020/03/25
【Drもとい連載コラム】6. 外科医の手袋〜愛の物語〜
2020/03/18
【Drもとい連載コラム】5. 外科医の手洗い
2020/03/11
【Drもとい連載コラム】4. PCR検査について
2020/02/27
【Drもとい連載コラム】3.「きずあとを きれいになおそう 茶テープつけて」
2020/01/25
アメリカマイクロサージャリー学会で発表しました
2019/10/31
リンパ浮腫の外科治療(リンパ管細静脈吻合術)
PAGETOP