アヴェニューセルクリニックでは最先端の再生医療、足のむくみの日帰り治療を受けることができます

再生医療点滴治療
細胞加工施設届出済 第二種再生医療等提供計画提出済

TOP  >  再生医療  >  点滴治療  >  当院が特化して行う事業

アヴェニューセルクリニックは第二種再生医療等提供計画番号を取得しています。

幹細胞をもちいる再生医療は、厚生労働省が認めた特定認定再生医療等委員会でその治療の妥当性・安全性・医師体制・細胞加工管理体制が厳しく審査されます。そこで適切と認められれば厚生労働省に治療計画を提出することができ、はじめて治療を行うことが可能となります。アヴェニューセルクリニックは正式なプロセスを踏み厚生労働省に第二種再生医療等提供計画を提出し、計画番号を取得した医療施設です。

アヴェニューセルクリニックが特化して行う対象

脳梗塞後遺症
認知症
 脳梗塞は、高齢化社会の進展に伴い近年益々増加傾向にある疾患です。発症すると様々な機能障害を起こすことでも知られています。現在は、急性期治療の発達に伴い死亡率は低下し、機能予後も改善してきています。しかし、医療行為が最適な時期に最適な方法で受けられるのは一部であり、また慢性期に有効な治療がほとんどないことからも介護保険の要介護認定患者の原因疾患では未だに脳卒中が1位を占めているのが現状です。
 脳梗塞の代表的な後遺症には運動障害と認知機能低下があります。運動障害に関しては、日常生活に与える影響は梗塞巣の大小よりも、むしろ梗塞部位とそれに関連する神経症状の部位によって決定されます。生命を脅かすような重症脳梗塞は言うまでもありませんが、必ずしも重度と評価されない患者様も多く治療を望んでおられます。むしろ、軽症患者様こそ症状緩和による社会貢献は大きいと考える事も出来ます。アヴェニューセルクリニックでは軽症の患者様であっても患者様のご希望に即して治療を提案、提供させて頂きます。
 また、脳卒中後認知症は脳梗塞を含めた脳卒中の後遺症として重要なものです。脳卒中後認知症の頻度は、脳卒中後数カ月から1年の間で10%、脳卒中再発後に30%以上であるとされています。認知症も運動障害と同様に梗塞巣の大小にかかわらず発症することが知られており、小さな脳梗塞でも発症することがあります。また、脳卒中のエピソードが明確でない脳血管性認知症においても認知機能が改善する可能性が期待されます。物忘れがひどくなってきた、なんとなくイライラする・怒りっぽくなるなどは認知症の初期症状と言われています。

 近年、脳卒中後遺症に対する自己骨髄由来幹細胞の静脈投与が安全かつ大きく奏功するという国内外の報告が相次いでいます。アヴェニューセルクリニックは多分化能を備えた自己骨髄由来幹細胞を、経静脈的に全身投与することで脳梗塞後遺症を対象とした治療を行います。今までは到達方法や治療方法がなかった「脳」という部位にご自身の細胞を用いて到達し治療を行います。
PAGETOP