アヴェニューセルクリニックでは最先端の再生医療、足のむくみの日帰り治療を受けることができます

医師ブログ

TOP  >  医師ブログ  >   リンパ浮腫   >  下肢静脈瘤ではありませんか?【リンパ管静脈吻合術LVA】

リンパ浮腫

2017/08/19
下肢静脈瘤ではありませんか?【リンパ管静脈吻合術LVA】

下肢リンパ浮腫の患者さんで、同時に下肢静脈瘤を持っている方がいらっしゃいます。

静脈瘤は静脈が上から下にむかって逆流する病気ですから、それだけでもムクミの原因になります。

 

この患者さんは、数十年もリンパ浮腫を患っており、リンパ浮腫治療で有名なA大学病院に入院して、リンパ管静脈吻合術(LVA)を受けられた患者さんです。術後1年近く経過しましたが、改善がなかったためセルクリニックを受診されました。

改めて調べてみると、下肢静脈の弁不全(逆流)があります。皮膚表面には静脈瘤は浮き出ていませんが、逆流は重度のものでした。「隠れ静脈瘤」と呼ばれる状態です。前医では「隠れ静脈瘤」についてはとくに指摘も治療もされず、LVAだけおこなったようです。

当院では、まず、静脈不全に対して血管内レーザー焼灼術という治療をおこない、静脈の逆流を止めました。これだけでムクミは改善しましたが、さらにLVAを3回追加しました。すべて日帰りで2-3時間の手術です。この方はかなりのご高齢ですが、遠方であるにもかかわらず無理なく通院手術を終えています。また、夜間の圧迫療法も見直して、ご高齢でも無理なくはける夜用ストッキングを処方しました。一連の治療を開始して8カ月経過しましたが、初診時よりかなり細くなり、ご本人も喜ばれています。

LVAはリンパ管を静脈につなぐ手術ですが、静脈の逆流が強いとうまくいきません。LVAの効果が出なかった方、ご自分の静脈の状態がどうなのか、もう一度くわしく調べなおしたほうがよいかもしれません。アヴェニューセルクリニックでは初診時に静脈瘤のスクリーニングも行っていますので、思い当たる方はご相談ください。

EVx1LVAx3前後比較.jpg

(左写真)治療前 (右写真)治療後

 

 

PAGETOP